低位株(ボロ株)を攻略しよう!

低位株とは株価の水準が低い銘柄のことを指します。明確な基準は無いのですが、1株300~500円以下の銘柄を低位株と呼ぶことが多く、100円以下のものを超低位株(ボロ株)と呼ぶこともあります。低位株を理解してあなたも上手に投資を行いましょう。

低位株を攻略しよう

低位株(ボロ株)はハイリスクだけどハイリターン

証券市場では株価が200円以下の低位株が存在しています。そうした銘柄は業績が赤字続きで財務内容が悪化していたり、何らかの不祥事を起こしたために投資家離れを起こしている場合があります。そのため、低位銘柄はボロ株と呼ばれています。しかし、ボロ株の中には業績が急回復して大きなリターンをもたらすケースが出ています。基本的には低位株は業績の低迷を続けることになり、企業によっては上場廃止になることがあります。そのため、低位銘柄は価値がゼロになる可能性がり、ハイリスクの投資となります。しかし、低位銘柄の中ではV字回復を果たすものがあり、低位銘柄への投資はハイリターンを得る機会ともなり得ます。低位銘柄はすでに投資家の人気が離散しているため、業績が黒字化しただけで株価が数倍になることが起こるからです。したがって、低位銘柄の中で業績が戻りそうな企業を選ぶと、ハイリターンを得る可能性が出てきます。業績が戻る銘柄としては、不適切な会計処理などによって一時的に投資家の人気がなくなっているところが挙げられます。本来は技術力があり、自社の製品やサービスが市場で一定のシェアがあった場合には1、2年後には企業業績が急回復することが起こってきます。よって、低位銘柄でも企業のブランド価値があり、技術力があるところは投資をする妙味があります。企業においては不祥事が起こった後には、社内体制を整える対応をすることになります。その結果、健全な企業へ生まれ変わるケースが少なくないからです。また、低位銘柄の中では新分野への参入をすることで、企業が大化けをすることが起こっています。今までにない画期的な新商品を発売することで、業績が拡大傾向へ転換するところが存在します。したがって、優れた新商品を開発したニュースが出た低位株は、投資をする価値が出てきます。

テンバガーを達成する低位株の見つけ方

日本の有名な投資家の中では、株価が大きく下落をした低位株を購入して数年後に大きく価格が上昇した後に売却することを繰り返すことで成功している人がいます。誰も見向きもしなくなった低位株というのは、経営が改善をした時には時価総額が10倍以上になるほどのポフォーマンスをみせる時があります。そのため、株価が10倍以上になるテンバガーを達成するには、大化けをする低位銘柄へ投資するのが効率的となっています。テンバガーを達成する銘柄の見つけ方としては、まず社会に必要とされる製品を生産していることが挙げられます。社会から必要とされている会社は、たとえ倒産寸前だっとしても経営改革を断行することで会社が甦る可能性が出てきます。また、コア商品があると新たな用途を発見したり、新業態への参入を果たすことで業績がV字回復していくことも期待できます。次にテンバガーを達成する銘柄としては、商品の偽装や不正会計などの不祥事を起こして一時的に経営が苦しくなっている企業が挙げられます。企業が重大な不祥事を起こすと、上場廃止になる恐れがあることから投資家は一斉に株式を売りに出すことになります。しかし、上場廃止までにはならない不祥事であれば、数年後には株価が急回復をみせることがあります。企業の不祥事というのは、経営の幹部が関与していることが多くなっています。そのため、企業の経営管理が一新されると、健全な経営が行われることが期待できるようになります。不祥事を起こした企業の中では、元々は市場をリードするような技術を保有しているところがあります。そのため、特別損失を出した翌年の決算からは、業績が黒字に転換する可能性が出てきます。業績が赤字から黒字になる瞬間は最も株価が上昇しやすくなっており、投資でテンバガーを達成することも夢ではなくなってきます。また、低位株でリスクを減らしたい方は投資顧問に相談するといいでしょう。投資顧問にも様々あり誰に相談すればいいのか迷っている方も多いでしょう。オススメなのはファーストリッチ投資顧問です。ファーストリッチ投資顧問では金融業界を知り尽くす人や豊富な知識をもつ投資顧問会社です。ファーストリッチ投資顧問の評判は高いのでおすすめです。気になった方はまずは無料の情報を利用してみましょう。

低位株は仕手筋にも狙われやすい?

低位株とは相場全体の株価水準に比べて、低いものをいいます。特徴としては、最低購入価格が安く、変動率が高いことです。例えば、株価が100円で、売買単位が1円刻みであれば、100円から101円になるだけで、簡単に1%上昇するといえますが、逆に99円になれば、簡単に1%下落するともいえます。レンジ相場であれば、安値で買い、高値で売ることで、高い収益が期待できますが、レンジ相場というよりは急激な上昇あるいは下落が起こりやすく、読みにくい相場といえるので、ハイリスク・ハイリターンといえます。低位株になるケースとしては業績が良かった企業が業績回復の見込みがなく、毎年、減収減益を繰り返すことで、企業価値が下がり続けることで起こります。上場するためには審査が厳しいですが、企業価値が下がり続けても、企業が倒産する可能性が高まらない限りは上場廃止になることはないので、低位株のまま上場を維持する企業はいくつか存在します。投資家は企業の業績を重視するのではなく、変動率が高いことを利用して、短期的に利益を得ることを目的として取引するので、企業の価値と関係なく株価が乱高下することがあります。企業価値によって投資判断する投資家はほとんど取引せず、少数の投資家のマネーゲームになりやすい傾向があります。仕手筋は基本的には出来高が少なく、時価総額が低い銘柄を選び、大口注文を出すことで、何倍も株価を上げたり、下げたりします。低位株の場合は、企業の価値が下がり続けているため、時価総額は低い可能性が高く、マネーゲームのような取引に参加する投資家は少ないため、出来高も限られているので、仕手筋にとっては、狙いやすい銘柄といえます。このほかにもIPO株の始め方なども学んで株の知識を深めましょう。